2018年1月28日 (日)

日経225先物のトレードシステムが勝率8割って本当か?

伊藤由氏の開発したスーパースキャルピング225は、

 

FXトレーダーにはおなじみの、 MT4(メタトレーダー4)というトレードツールを使って、

 

日経225先物ミニの売買のサインを生成し、

 

先物口座で取引するという、 今までになかった画期的なスキャルピングシステムです。

 

機能の詳細解説はこちら 

 

「1日に20円~60円程度の利益」を目指します。

 

 

 

20円から60円と言われても、

 

225先物が未経験の方にはピンとこないかも知れませんが、

 

ミニ10枚運用で、1日に2万円から6万円の利益です(手数料は除きます)。

 

 

 

2018年1月8日の時点で、 ミニ1枚あたりの証拠金は、

 

6万6千円程度ですので(毎週変動します。証券会社により異なります)、

 

ミニ10枚ですと、

 

 

 

66万円の証拠金で、毎日2万円から6万円 の利益が出る計算です。

 

6万円の利益だった場合、実に日利10%近くにもなります。(必要証拠金は毎週変動します)

 

 

 

しかも、一部の証券会社では、

 

デイトレードに限り証拠金が半分で済むサービスを行っており

 

(SBI証券、松井証券、日産証券、岡三証券など)、

 

 

 

これを利用した場合、

 

33万円ほどの証拠金で、毎日2万円から6万円

 

を目指す取引手法ということになります。

 

 

 

33万円ほどの証拠金で日に2万円から6万円利益ということは、

 

月に20日とすると、1ヶ月で40万円から120万円という計算になります。

 

いかに資金効率が高いかがお分かりになると思います。

 

スーパースキャルピング225は、その日に決済するシステムですので、

 

この証拠金が半分で済むデイトレードのサービスを利用し、

 

大きなパフォーマンスを目指すことが出来ます。

 

スーパースキャルピング225の公式サイトはこちら